薬疹情報正誤表

誤りがありましたのでここに訂正します。
心よりお詫びいたします。

「薬疹情報」第13版の正誤表

「薬疹情報」第13版に関する訂正は下記の通りです。

(1)22頁: テガフール・ウラシル テガフール・ウラシル配合剤 に訂正します

(2)22頁: テガフール・ギメラシル・オテラシル テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤 に訂正します

(3)334頁: テガフール・ウラシル テガフール・ウラシル配合剤 に訂正します

(4)337頁: テガフール・ギメラシル・オテラシル配合剤 テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤 に訂正します

(5)363頁:ボルテゾミブの症例1の[期間・量]29日( 経口 )を( 注射 )に訂正します

(6) 508頁のインターフェロン-βの症例5 509頁のインターフェロン-β-1bの症例1の下 に移動します

(7) 508頁のインターフェロン-βの症例7 509頁のインターフェロン-β-1bの症例8の下 に移動します

インターフェロン-βについて

 インターフェロン-βの症例のなかに、多発性硬化症に使用されていることなどからインターフェロン-β-1bではないかと思われる症例が数例みられます。しかしインターフェロン-βの薬剤名で発表されておりますので、インターフェロン-βのところに記載しておりますが、インターフェロン-β-1bでしたら下記にご連絡いただければ幸いです。

薬疹情報事務局 TEL 092-936-5255
FAX 092-935-8397

(8)560頁:
19.persistent supravenous erythematous eruption(PSEE)
抗癌剤注入部近くに出現する静脈に沿った蛇行状の配列を示す紅班や紅色丘疹および局面。注入24時間~15日後に発症、1~3週間後自然消褪し、しばしば色素沈着を残す
(安居、皮膚臨床48:811, 2006)
19.persistent supravenous erythematous eruption(PSEE)
抗癌剤注入部近くに出現する静脈に沿った蛇行状の配列を示す紅班や紅色丘疹および局面。注入24時間~15日後に発症、1~3週間後自然消褪し、しばしば色素沈着を残す
(Pujol RM et al. J Am Acad Dermatol.39(5 Pt2):839, 1998)
(安居、皮膚臨床48:811, 2006)
に訂正します

「薬疹情報」の購入について

「薬疹情報」第18版の
ご注文はこちらから

販売責任者:
医療法人福田皮膚科クリニック
院長 福田英三

〒811-2244
福岡県粕屋郡志免町志免中央
3-6-11
TEL(092)936-5255

「薬疹情報」とは

「薬疹情報」は日本皮膚科学会雑誌など,我が国の皮膚科専門誌及びその他の医学雑誌から,原因薬剤の特定された薬疹の症例を集録し,薬剤別に分類した薬疹のデータブック。

対象:医師、歯科医師、薬剤師、製薬会社

本誌の特徴

(1)薬疹が薬効,薬剤別に分類されている
(2)薬剤名(一般名・商品名)から薬疹を検索できる
(3)各薬剤の薬疹が年代順に列記されている
(4)症例ごとに病型(発疹型),年齢,性,潜伏期間(薬剤投与から薬疹発症までの期間),原因薬剤特定検査の結果などが記載されている
(5)文献と報告者名が明記されている